高齢化時代アパート経営のすすめ

ここではアパート経営のどんな点が良いのか考えてみましょう。

先ずは収入の安定性です。一定の物件に入居者が入っている限り収入が大きく上下したり、株式投資や外為取引のように損失を考えて一喜一憂する事もありませんし、一般に年単位の長い安定収入が望めます。

アパート経営者としてやる事は主に、家賃の取り立て・物件周りの日常のメンテナンス・入居者の要求やクレームに対応する事ぐらいでしょう。
近代では、これらの仕事も専門の不動産管理会社が代行してくれます。家賃の回収もしてくれて滞納など入居者との間に問題が生じた場合などを考えれば、専門業者に委託しておいたほうが安心でしょう。

物件その物に問題が生じてもすぐに業者を手配してくれます。
あとは他の事業経営者と同じように帳簿付けや税金対策をしていれば良く、毎日時間に縛られて通勤したり身体に負担を掛ける必要もないのです。

さらに良い所はアパートそのものが資産になるという点です。資産は課税対象ですが現金や土地よりも建物にしたほうが課税率は下がるはずです。さらに所有者自らが生活しない物件になるとさらに課税率は下がります。

このように長期間安定収入が見込まれるアパート経営はこの高齢化時代に適した資産運用なのです。